2012年07月18日

月ジェット作戦 小隅黎

18389215.jpg
   ★月ジェット作戦 (少年少女21世紀のSF 8)
    
 久しぶりにHPを更新してみました。
  
20世紀少年少女SFクラブ
 金の星社 少年少女21世紀のSF(8)
 月ジェット作戦 小隅黎
  http://sfclub.sakura.ne.jp/21csf08.htm

「超人間プラスX」と同じ著者による作品です。
 それにしても、私がHPのために『超人間プラスX』を読んで感想文を描いてアップロードしたのが2002.7.7(日)。
 それから既に10年が経過しています。
 いやー、月日のたつのは本当に早いものですねえ。
 
 世界派(グローバー、国際協調派)と宇宙派(コズモ、国粋派)が勢力争いをしている政治状況を描いた部分が非常にリアルです。
 
 主人公のトシオ少年は、「全日本少年クイズマン大会」の決勝を争うシーンで初登場します。
 優勝者を決める最後の問題は
 
「クイズ大会で優勝して、人工衛星市を見学に行く少年を主人公とした長編小説」
 
 正解は、A・C・クラーク『宇宙島に行く』らしい。

   ★宇宙島へ行く少年 (ハヤカワ文庫SF)  
 
 ライバルの中野少年は、最初に日本の作品を思い出した、と言います。
 しかしこの、「日本の作家の小説」とは、一体何なのでしょうか。
 日本の作品にも、クイズに答えて宇宙旅行に行くという作品があるのでしょうか?
 いやもしかして、ここで言ってる「日本の作家の小説」とは、小隅黎『月ジェット作戦』という、自己言及的タイムパラドックスなんでしょうか?
 もしそうだったとしたら、面白いですね。
 SFをよく知っている方はどう思われますか?
 ご教授頂ければ幸いです。
 
「もう一つの超人間プラスX」ともいえる本作品。
 ご意見ご感想お寄せ下さい。
   
20世紀少年少女SFクラブ
 金の星社 少年少女21世紀のSF(8)
 月ジェット作戦 小隅黎
  http://sfclub.sakura.ne.jp/21csf08.htm
    
続きを読む
posted by SF Kid at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする