2012年09月18日

テミスの無人都市 草川隆

  18388980.jpg
    テミスの無人都市 (少年少女21世紀のSF 9)
   
 HPを更新しました。
   
20世紀少年少女SFクラブ
 金の星社 少年少女21世紀のSF(9)
 テミスの無人都市 なかったはずの衛星テミスの失われた文明
  http://sfclub.sakura.ne.jp/21csf09.htm
   
 テミスとは、土星の衛星。1904年に発見されましたが、結局、観測間違いだったと判明しました。
 この、なかったことになった幻の衛星を舞台とした本格SFジュヴナイルです。
  
 作者の草川隆さんの作品についてのまとまった記述がネット上になかったため、少々詳しく調べて記述してみました。
   
 さて、今回から、ネタバレとなる記述を記す専門のブログをレンタルしました。
 HPはさくらのサーバーを使っているのですが、オプションでブログも使えるのです。
 そのブログをレンタルしました。
 シーサーブログのフォーマットを使っているようで、シーサーブログ愛用者としては使いやすいですね。
 さくらサーバーはなかなかいいですよ。
   
 さくらのブログ http://www.sakura.ne.jp/blog/
  
 では、ご意見ご感想お待ちしております。
  
20世紀少年少女SFクラブ
 金の星社 少年少女21世紀のSF(9)
 テミスの無人都市 なかったはずの衛星テミスの失われた文明
  http://sfclub.sakura.ne.jp/21csf09.htm
    
20世紀少年少女SFクラブ・ネタバレ談話室
 テミスの無人都市 草川隆
  http://sfclub.sblo.jp/article/58318781.html
     
続きを読む
posted by SF Kid at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

二ビルより怖いもの

 8月23日にアンビリバボーで二ビルについてやってました。
  
未知の惑星“ニビル”の謎
  http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/120823_1.html
  
 宇宙については今でも分かっていないことの方が分かっていることより多いくらいだから、何が起こっても不思議ではない。
 人間の科学で全てが分かると思う方がおかしいのだ。
  
 二ビルについても頭ごなしに否定するのは傲慢な態度であって、こんな仮説もあり得る、と思うのが正しい態度だろう。
  
 しかし残った謎は、地球に衝突する恐れのある天体を研究していた三人の研究者はなぜ、謎の死を遂げたのかということ。
“天文学者連続殺人事件”である。
 未解決事件として徹底調査してほしい。
  
 私も二ビルだとか天体の衝突だとかも怖いですが、そんなあるかないか杞憂のような怖さより、もっと恐ろしいのは人間の醜き心ですね。
 自分達が儲けるためには他人が被曝しようがどうしようが関係ない、という原子力村・がれき処理関係者の醜き心。
 自分たちが儲かりさえすれば日本の美しき国土と日本人がどうなろうと関係ない、という正真正銘の売国奴です。
   
 原子力カルトは二ビルより怖し。
 瓦礫処理利権は二ビルより怖し。
 悪政は二ビルより怖し。

未知の惑星“ニビル”の謎!
  http://blog.excite.co.jp/mayamiroku/18872813/
   
2012年に地球最接近! 惑星Xが戻ってくる 大変動サバイバルガイド (超知ライブラリー)  シュメール楔型文字が暴いた神々と天使  12番惑星ニビルからやって来た宇宙人 (5次元文庫)  神々の起源と宇宙人 マヤ・アステカ・インカ (5次元文庫)
        
   ★太陽系第10番惑星「ニビル」の謎
    ★謎の惑星「ニビル」と火星超文明〈上〉
     ★謎の惑星「ニビル」と火星超文明〈下〉
   続きを読む
posted by SF Kid at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする