2015年04月29日

三毛猫ホームズの軍艦島殺人捜査パーティー

20150505210154.jpg 三毛猫ホームズの無人島 (角川文庫)
   ★三毛猫ホームズの無人島


 軍艦島を舞台にしたミステリーということで、読んでみました。
 赤川次郎というと、私が中学か高校生の頃、大ブームでした。 
 実は当時から“流行りもの”に反発・軽蔑するような人間だったので、当然、赤川次郎も反発の対象。
 そのため、「三毛猫ホームズシリーズ」は小説・ドラマ・マンガ版含めて、これが記念すべき第一作目。
 実は赤川作品を読んだこと自体、アラフォーになった現在、これで2作目です。
(1作目は『二人だけの協奏曲』
 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061840775
  ↑検索してもあまり出てこない)

 
【登場人物】
池永悟
……軍艦島炭鉱の労働組合委員長だった。
 閉山後は定職に就けず、妻子を困らせている。
池永祈子(あきこ)
……16歳の中学生。
 生活費のため、進学せずコンビニでアルバイトしている。
池永依子
……悟の夫、祈子の母。半年前、癌で急死した。
江川哲也
……軍艦島組合副委員長だった。閉山の日、死体で発見された。
江川真子(まさこ)
……哲也の妻。岡山の実家・水口家の遺産を相続した。
 夫の死因を究明するため、軍艦島に関係者を集めてパーティーを行う。
佐田……軍艦島の炭鉱員だった。
桜井
……組合分裂工作に応じ、組合員に脱退をそそのかしていた。
 パーティー中、佐田と喧嘩を始め、その後首吊り自殺を図る。
斉藤良一
……元・所長。炭鉱の、会社側責任者だった。閉山後は窓際を転々とした。
倉田……水口家の関連企業の社員。パーティーを手伝っている。
片山義太郎・片山晴美・石津刑事・三毛猫ホームズ
 ……レギュラーメンバー。なぜか?東京から参加している。
続きを読む
タグ:赤川次郎
posted by SF Kid at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする