2008年09月21日

緊急検証!世紀の大予言スペシャル〜人類滅亡7の警告〜(2)

モクスペ
『緊急検証!世紀の大予言スペシャル〜人類滅亡7の警告〜』
2008年9月18日(木)19:00〜20:54
  http://www.ntv.co.jp/mokusp/contents/080918.html
 
についての感想の2回目。
(1回目は http://sfkid.seesaa.net/article/106839333.html )
 
4)古代マヤ暦の予言
 
 古代マヤ暦は紀元前3114年8月13日から2012年12月23日まであるという。そしてその暦が終わる2012年12月23日に人類は滅亡するという。
 
「それなら未来永劫永遠に暦を作り続けるのか。」
というようなことを大槻教授が言っていた。
 確かに、時間もスペースも限りあるのだから、いつかは作り終えなければならない。実際のところ、続きは明日にでも作ろうと思って寝てしまっただけなのかもしれない。
 それから、マヤ暦が始まった紀元前3114年8月13日以前は何だったんだろうか?
 
  
 しかし科学的にはこの年、太陽活動の極大期が訪れることが明らかとなっている。
 確かに太陽活動には活動周期があり、11年だとか12年だとか読んだことがある。その定期的な周期の範囲内なら別に驚くことはない。実際、前回の極大期は2000年だったらしいが、人類は滅亡しなかった。
 しかし2012年の極大期は30〜50%もの活動上昇があるという説もあるそうである。これなら大変である。
 
 古代マヤ暦は20日×18カ月で成り立っていたという。12月23日というのは、グレゴリオ暦に換算してのことだろうか。
 
 そういえば2012年には地球がフォトンベルトに突入する、という説もあるし、確かホピ族の予言やグラハム・ハンコックも2012年の危機を警告していなかったか?
 今後も十分な研究が必要であろう。







 
5)名画モナリザに隠された人類滅亡の予言
 
 レオナルド・ダ・ヴィンチは科学など持てる知識を総動員して人類の行く末・地球の最期を研究していたという。
 取材班はイタリアとイギリスに飛び、それぞれの研究者から、ダ・ヴィンチが書き残していた人類が洪水で苦しんでいる状況を描写した文章と、膨大な水のデッサンを見せてもらう。
 ダ・ヴィンチはどうやら大洪水による地球の最期を予想していたという。
 しかも名画『モナ・リザ』にその予言を暗号として込めていたという。
 取材班は日本に戻り、恵泉女学院大学准教授・池上英洋氏に取材する。
 
『モナ・リザ』には雲や鳥が描かれていない。これは、ある一時期を描いたものではなく、長い時間を描いたことを暗示している。
 そして画面右下に小さく描かれている橋、これは地球の長い時間の間で人類が活動していた時期はごく一部分だということを示しているという。
 
……しかしたったこれだけの根拠で、地球の最期を暗示していると言われても困ってしまう。これでは単なるこじつけのように思える。
 しかもダヴィンチの取材のためにイタリアやイギリスにまでわざわざ出向いてダヴィンチ研究の専門家に会っているのに、肝心なモナリザの予言は日本の研究者の説ではないか。しかも一般書にすらできないほどの不十分な根拠の仮説である。
 イタリアやイギリスで取材した専門家はこの説についてどう思うのだろうか。
 
 そういえば以前、「モナリザ」の背景となった場所を探す、というスペシャル番組を見たことがある。大部分は忘れてしまったが、ともかく実際にある景色のようですよ。
 ということで、超常現象肯定派ではありながら超常現象を厳しく吟味する私としては、限りなく信憑性が低い仮説、と判断させて頂く。
 
 検索してみると池上英洋氏はトンデモ系の人ではなく、れっきとしたアカデミズム界の先生であった。番組の都合のいいように一部分だけ取り出して編集されてしまったのかもしれない。
 モクスペではダ・ヴィンチは地球滅亡に関して水を研究していた、と放送していたが、あるサイトで紹介されていた他ならぬ池上先生の説明では 
 
「ダ・ヴィンチは移り変わり行くもの、変化するものに関心がありました。」
「ダ・ヴィンチが手稿の対象としているのは、水の動きや波紋の美しさ、水の残している形態などがあげられます。」
ということである。
 何かモクスペが強引に解釈しているような気がしてきた。
 
弐代目・青い日記帳
 西洋美術史研究家・池上英洋先生ダ・ヴィンチを語る。
  http://bluediary2.jugem.jp/?eid=434
  
池上英洋の第弐研究室 VTR出演のお知らせ(日テレ)
  http://blog.livedoor.jp/ikedesu/archives/51473404.html
池上英洋の第弐研究室 ちょっとした補足
  http://blog.livedoor.jp/ikedesu/archives/51479678.html
  
   ★レオナルド・ダ・ヴィンチ (西洋絵画の巨匠 8)

   ★ダ・ヴィンチの遺言


にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 ☆SF Kidの本棚……超常現象!!
   http://www.g-tools.net/17/26612/31060/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   総合科学部 よろづ取扱い科
   『三四郎』な人生論
ラベル:予言 滅亡
posted by SF Kid at 21:28| Comment(2) | TrackBack(4) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

池上さんとこの前話した時
どういう風に使われるか分からないと
仰っていましたが、それがまさに悪い方に
出てしまったようですね。

番組見られませんでしたので
こちらで拝見することでき
大変有難かったです。
Posted by Tak at 2008年09月29日 10:25
コメントありがとうございます。
折角ですから、もう少し番組構成が分かるように、加筆修正してみました。
Posted by SF Kid at 2008年09月30日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

緊急検証!世紀の大予言スペシャル~人類滅亡7の警告~(3)
Excerpt: モクスペ 『緊急検証!世紀の大予言スペシャル~人類滅亡7の警告~』 2008年9月18日(木)19:00~20:54 http://www.ntv.co.jp/mokusp/contents/0..
Weblog: SF KidなWeblog
Tracked: 2008-09-23 22:14

西洋美術史研究家・池上英洋先生ダ・ヴィンチを語る。
Excerpt: イタリア留学から帰国され、現在恵泉女学園大学助教授として 教鞭をとる傍ら数々の絵画関連のお仕事もこなしていらっしゃる池上英洋先生。 (池上先生のblog「池上英洋の第弐研究室」) こうして肩..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2008-09-29 10:24

人類滅亡伝説?
Excerpt: ■■天・地・人…迫り来る人類滅亡の恐怖。人類はどうすればその危機を克服できるのか?
Weblog: 情報商材レビューinfo-chance.com
Tracked: 2009-02-18 23:20

人類滅亡伝説
Excerpt: 人類滅亡伝説ヨハネの黙示録・2012年人類滅亡伝説/編人類滅亡が近いのか?もしそれが現実ならばどのようにして滅ぶのか?人類滅亡伝説〜ヨハネの黙示録・2012年人類滅亡伝説/編〜【人類滅亡伝説】文明社会..
Weblog: 情報商材ならinfo4649.com
Tracked: 2009-02-19 19:00