2008年11月07日

史上最強の予言者ジュセリーノ2 新たなる5つの警告 緊急公開スペシャル




史上最強の予言者ジュセリーノ2 新たなる5つの警告 緊急公開スペシャル
  http://www.tv-tokyo.co.jp/jucelino2/
 
 書くのが遅くなったが、上記特番について記録。
 

 
 TV東京のこのジュセリーノ特番、2をうたっている。1もあったようだ。
  http://www.tv-tokyo.co.jp/jucelino/
 
 残念ながら1は知らなかった。超常現象特番マニアの私としてはチェックが甘かった。
 今回ジュセリーノは5つの予言を発表。



 
1)ブラジル一家惨殺事件
 
 ジュセリーノの予言がインチキだという説も色々な所で書かれているが、この予言がもしトリックだとすれば、どのようなトリックが考えられるのだろうか。
 
2)2009年夏 日本でコレラが異常発生
  2011年までに500人の死者を出す
 
 
 これはあり得ることである。コレラの流行については以前アンビリバボーか特命リサーチか何かでも指摘されていた。
 江戸時代に流行したコレラ菌が東京湾に休眠しているという。温暖化の影響でこれが目覚める可能性があるそうである。
 予想映像が出ていたが、コレラにかかると嘔吐や下痢が出るという。
 嘔吐や下痢は困る。2年前だったか、ノロウイルスにかかった時、嘔吐や下痢で大変だった。今思い出しても大変な思い出である。
 コレラの嘔吐や下痢はそれ以上のすさまじさである。
 嘔吐物や下痢にまみれて死ぬのはどう考えても恐ろしい。どうせ死ぬのなら、嘔吐や下痢がない病気で死にたいものである。
 
●コレラを避ける方法
 生ものを食べない 3〜4分加熱
 免疫を上げる NK細胞を活性化する
 有機野菜を毎日食べる
 気持ちが大事(病は気から)
 
 しかしいくらこれらを心がけても流行すれば終わりである。
 
 残念ながら知らなかったので見逃したのであるが、2月に放送されたパート1では、2008年夏に日本でデング熱が流行する、という予言がされていたようである。
 幸いその予言は外れたのであるが、今回その検証も行っていた。
 デング熱が外れたら今度はコレラか、と何だか怪しいが、しかしデング熱は1回目の感染はそう激しい症状はないようである。2回目以降に感染すると免疫反応が過剰に起こり、激烈な症状を発症し、死に至ることもあるという。だからこの夏1回目の感染が知らずに起こっていたこともあり得るという。
 デング熱は出血するそうであるが、嘔吐や下痢はないようである。
 どうせ死ぬなら嘔吐や下痢のあるコレラよりも嘔吐や下痢のないデング熱で死ぬ方がましだ、とジュセリーノ予言も自分が真っ先に犠牲者となって死ぬことも地球の滅亡も完全に信じて当然の事実のように受け入れている私であった。
 
デング熱
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1
コレラ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%A9 



 
第3の予言 2009年から2011年までにアジアに3つの大地震発生
 
2009年7月3日 東アジアのある国でマグニチュード7.5の大地震が発生。
同じく9月下旬 東南アジアのある国でマグニチュード8の巨大地震が発生。
2011年7月26日 東アジアのある国でマグニチュード6.8の大地震が発生し500人の死傷者が出る。
 
 2008年9月13日に中国か日本で大地震が起こるという予言は幸い外れた。2009年1月に大阪で大地震発生という予言もなかったか?どさくさ紛れにないことになったのならありがたい。
 ともかく地震国日本に住む以上、地震については常に警戒するにこしたことはない。



 
第4の予言 2011年までに全世界で食糧危機が到来。
 多くの日本人が飢えと渇きで死んでいく

  
第5の予言 2011年から水戦争時代に突入
 世界各地で衝突が起こり 日本も巻き込まれる

 
 食糧と水が不足!これは大変である。
 高度成長期に生まれた私は幼い頃から物質には恵まれてきた。衣食住には不足せず、豊かな時代を享受してきたのである。
 しかし幼い頃から、この豊かな時代は一時的なもので長くは続かない、大人になる頃にはエネルギーも食糧も何もかも不足して苦しんで死んでいく時代が到来する、という漠然とした不安につきまとわれ続けてきた。
 何を隠そう、これはSF Kidの大予言なのである。前世から今世に生まれる時に与えられた課題の記憶なのかもしれない。
 ジュセリーノ師の予言は、私が幼い頃から漠然と抱いていた終末のイメージと合致するのである。
 
……と、非常にオカルトチックなことを書いてしまった。実は私自身が人類滅亡のイメージを漠然と持っていたのである。こりゃあ滅亡予言を信じるのも当然である。
 
 しかし批判的に考えるとすれば、ジュセリーノ師の描く未来図も色々と変わっていることに気付く。
   
2008年9月13日のアジアでの地震(外れ)
  http://sfkid.seesaa.net/article/31529782.html
2011年 アジアで新ウイルス(エルス)はどうなるの?
  http://sfkid.seesaa.net/article/106839333.html
この時の未来年表との違いは?
  http://sfkid.seesaa.net/article/88883546.html
 
 しかしこれも肯定的に考えると、未来は決まったものではなく、人々が選択しているものであり、従って予言される未来も時によって変わっていく。しかも未来は枝分かれしていてパラレルワールドになっていくとしたら……。
 
 ジュセリーノ師に批判的なブログを読ませて頂くと、師を予言者だと信じている国は日本だけということで、本国ブラジルを始め外国ではトンデモな人だと思われているそうである。
 まあ真の予言者なのか詐欺師なのかトンデモなのかはいいとして、地球温暖化や食糧危機や水危機について注意を喚起するのはいいことではないだろうか。これを機会にこういった問題について考える人が少しでも増え、少しでも未来がいい方に向かえばいいのではないか。
 

 
 
睡眠開発計画weblog 予言者ジュセリーノ師の睡眠中の脳波
  http://sfclub.seesaa.net/article/75171970.html
  
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 ☆SF Kidの本棚……超常現象!!
   http://www.g-tools.net/17/26612/31060/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   総合科学部 よろづ取扱い科
   『三四郎』な人生論

posted by SF Kid at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック