2008年11月22日

守護霊の導きを思わせる奇跡のアンビリバボー

 11月6日の『奇跡体験!アンビリバボー』は一本目の
「地球に迫りくる非常事態」
を見るために録画した。
 小惑星アポフィスが2029年に地球に衝突する可能性があるという話である。
 結局その後の研究で衝突の可能性が低いということが判明。
 この話題については当時現在進行形で報道されていて記憶にあり、人類滅亡を信じている私ですら、新聞で放送内容を見た時、多分衝突の可能性は否定されたというオチだろうなと思っていたらやはりその通りだった。
 
アポフィス (小惑星)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F)
 
 それでアンビリバボーを録画した時、いつもは一本目だけを見るのであるが、今回はズルズルと二本目も見入ってしまった。
 

  
「一枚の写真が人生を翻弄」 2008年11月6日
  http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html
  http://wwwz.fujitv.co.jp/unb/contents/422/p422_2.html
 
  http://jp.youtube.com/watch?v=odW6JdnxIaM
 
 リッチ・ルットレルという方の体験談である。
 リッチさんはベトナム戦争従軍中、森をさ迷い、ベトナム人兵士に狙われる。その時ベトナム人兵士が持っていた娘との写真とルットレルさんのその後の物語。
 
 兵士の形見の写真が娘さんに渡るまでの過程は偶然の連続であった。
 このような偶然を見ると、人間の存在を超えた存在があるように思えてしまう。
 
 写真の少女 グエン・ティ・ランさんの父親の守護霊がリッチさんの守護霊に働きかけ、リッチさんの心に変化を起こし、その他ベトナム戦没者慰霊の管理人、デュエリー・フェルトンさんやベトナムの新聞関係者やその記事を小包の包装に使ってランさんに届くまでの運命のリレーをもたらしたのではないだろうか。
 
 我々は魂の成長のためこの世に生まれてきた。それを助けるために守護霊が見守り、導いてくれていると思うのである。
 日頃からそんなことを読んだり思ったりしているので、これを見た時、まさに守護霊の導きではと思ってしまった。
 
 しかし戦争は人々に不幸をもたらす。
 精神世界を研究する者は絶対に戦争や暴力を肯定してはいけないと思う。
 最近は何だか戦争を批判することの方が悪いことのような悪しき風潮が高まっていて、戦争批判がタブーのようになって窮屈な時代である。このような悪しき風潮が高まれば人類が滅亡するのも当然である。
 精神世界であれ超常現象であれオカルトであれ歴史であれ思想であれアニメであれオタクであれアキバであれ萌えであれその他何であっても、戦争を肯定するものは偽物・まがい物の類である!
 
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 ☆SF Kidの本棚……超常現象!!
   http://www.g-tools.net/17/26612/31060/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   『三四郎』な人生論
posted by SF Kid at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック