2009年02月08日

新春アニメ 未来少年コナン【劇場版】

 西暦2009年元日早朝。
 サンテレビだったかテレビ大阪だったか京都テレビだったかで、『新春アニメ 未来少年コナン』が放映されていた。
 正月の早朝から未来少年コナンを放送とは素晴らし過ぎるプログラムである。前夜夜更かしした人は気付かなかったのではないか?
 正月出勤のある私は録画して出勤。視るのが遅れたがようやく少しづつ見て終わりまで見届けることができた。
 
   
 ストーリーは、TV版第8話「逃亡」までは比較的TV版の流れに沿って展開されていた。
 バラクーダ号がラナを奪取してインダストリアを逃亡しガンボートが追跡。コナンとラナが海上で再会し、砂漠に漂着してからいきなり第21話「地下の住民たち」 まで飛ぶ。
 レプカに捕まったダイスやジムシー達のその後はどうなったのか、サルベージ船でのラナとラオ博士の再会、ハイハーバー編などもカット。
 砂漠上空からコナンとラナを捜索していたモンスリーが突然レプカいわく「敵に捕虜になって洗脳された」状態になっているし、前半では行方不明だったはずのラオ博士がなぜかレプカに捕らわれているし、不自然な展開になっている。
 それで結末は、太陽エネルギーが復活。ここで 第13話「ハイハーバー」 の冒頭につながり、コナン達はバラクーダ号でハイハーバーに向かい、ラオ博士はフライングマシンに乗って世界中に生き残った人々の救出に向かう。
 
 TV版を無理して編集した感じ。そもそもオリジナルのTV版30分×26話(実際はギガント編を除く23話)を123分にまとめるのは不可能。元来26話全てが密度の濃い全く無駄のないものだから。
 この劇場版に対しては「未来少年コナン」ファンからは非常に酷評されている。思い入れがあるだけに不自然な編集に失望し、怒りたくなるのは分かる。
 それでは「未来少年コナン」を全く知らない人がTV版を切り離して独立した作品として見た場合はどうか。多分展開が不自然でよく分からないと思うのではないか。
 視聴率が悪かったが再放送で評価が上がり、折角ファンの力によってこぎつけた映画版なのに残念な結果となってしまった。
 企画発表後宮崎監督が下りてしまったという事情があったようで、この劇場版制作に対してどのような歴史的流れやなりゆきや裏事情があったのか、非常に興味あるところである。
 
 アニメブームのさきがけとなった『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版もTV版26話の編集版というが、こちらは成功例である。同じ編集版でもなぜこうも評価が違うのだろうか。
 
 しかし未来少年コナンの映画版といえば、私には違った意味で個人的な思い出がある。
『未来少年コナン』がNHKで放送を開始したのは私がまだ小学生に入ったばかりの頃。第1話から見ていたが戦争後の世界など細かな設定など理解できなかった。次の番組の『キャプテン・フューチャー』も最初から見ていたので「コナン」も最後まで見ていたのだろうが、ほとんど理解できず印象にも残らず、単にアニメだから見ていただけという感じという、理解力の遅れた何とも恥ずかしい限りである。
 そんな私に「コナン」の面白さを教えてくれたのは小学5、6年の頃同じクラスになった二人の友人であった。一人はSFや推理小説に詳しい子で、もう一人はアニメに詳しい子だった。
 丁度日曜の朝に「コナン」が再放送しており、二人の影響で途中から見始めたのだった。レプカがコアブロックを破壊するという、もう番組も終盤にさしかかった頃だった。
 この時に至ってようやく「コナン」の素晴らしさに目覚めたのである。
(この時の放送ではOPはなく、番組の終わりに映画版エンディングテーマ「なつかしい朝」(作詞・作曲:谷山浩子、歌:研ナオコ) の冒頭が少しだけ流れていた。)
  
 それから最終回まで欠かさず見たのであるが、見逃したそれまでの部分は見られずじまい。今ならレンタルDVDや動画サイトなどがあるが当時はまだレンタルビデオすらない時代。TVアニメは放送を見逃すと見られないのである。しかも当時は「コナン」に関する出版物もほとんど出ていなかった。ようやく手に入れることができたアニメージュ文庫『また、会えたね!』と双葉書店のフィルムコミック『大団円』を繰り返し読みながらもTV版の映像を最初から見たいという欲求は満たされず、『未来少年コナン』に対する思い入れは強くなるばかりであった。

未来少年コナン 愛蔵版
未来少年コナン 愛蔵版
↑確かアニメに詳しい方の友人が購入して、チラッと見せてもらったことがあった。もう購入することはできないだろうと思っていたが、復刊されので購入することができた。
 
 それから数年後、私が中学生になった頃、関西テレビで夕方に映画版『未来少年コナン』が放送され、当時ようやく家に入ってきた東芝製のベータビデオで録画したのである。TV版の前半を知らなかった私にとってようやく見ることができたこの映画版は貴重な存在だったのである。
 
 それと前後して、映画版『未来少年コナン』のLPが発売された。主題歌・副主題歌とBGMを収録したLPである。もちろん購入したのだが、本当言うと、アニメ版の主題歌と副主題歌を聴きたかったし、何でTV版じゃなく映画版のLPが出たんだろう。多分映画版公開に関連していたんではないか。
 この映画版サントラLP、今では幻の存在だろうな。CD化の要望も出ないだろう。思い出のLPだが実家の取り壊しの際、実家と共に亡くなってしまった。
 映画版のBGMではダイス船長のテーマがなかなか秀逸。和風でバンカラな曲である。気に入っていて、このLPにも収録されているかと期待していたのだが、収録されていなかった。
 
 そして私が高校1年になった夏休み、読売テレビで朝に待望の『未来少年コナン』の再放送が始まり、見たくてたまらなかった前中盤部分を見ることができたのだった。
 
 しかし再放送ではOPとEDがカットされており、OPとEDを聴いたのは大学生になってからCD 「未来少年コナン」ドラマ編・BGM編 を購入してからである。しかしCDでは映像は入っていない。OPとEDの映像を見るのは、さらに後、大学3年目ビデオデッキを買ってレンタルビデオで『コナン』のビデオをレンタルするまで待たねばならなかった。
 つまり小学5、6年の頃再放送の終盤を見て「未来少年コナン」の大ファンになってからOP・EDを含めて全部見てしまうまで、大学3年目(しかも1年浪人&1年後の再入学含む)になるまでの月日がかかったのである。
 無料の動画サイトでOPもEDも見られる現代では考えられないくらい不便な時代であった。
 
 ということで今と違って情報が制限された当時、ベータビデオに録画した映画版や購入したLPレコードは非常に貴重な映像・音資料であり、大きな影響を受けたものである。
「西暦2008年7月〜」で始まるオープニングも、BGMは映画版がデフォルトイメージとなっているくらいである。(もちろん、TV版の方が重厚で素晴らしいが)

 
……ということで酷評されている劇場版未来少年コナンであるが、今のようなDVDもインターネットも動画サイトもない時代、私にとっては非常に思い入れのある貴重な資料だったという個人的な「私と未来少年コナン」史について思い出を綴ってしまった。


未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産)
未来少年コナン 30周年メモリアルボックス


未来少年コナン〈1〉仲間たち (竹書房文庫)未来少年コナン〈1〉仲間たち (竹書房文庫)
アレグサンダー・ケイ

未来少年コナン〈2〉インダストリア (竹書房文庫) 未来少年コナン〈3〉 (竹書房文庫) 未来少年コナン〈4〉 (竹書房文庫) 未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産) [DVD]

by G-Tools

↑DVDにインターネットに動画サイトに完全ノベライズ版に……便利な世の中になったものだ。コナン情報に飢えていた中高時代に読みたかった。
 
未来少年コナン (読む!名作アニメ)未来少年コナン (読む!名作アニメ)
Alexander Key

by G-Tools

↑映画版をノベライズ化したような感じである
  
にほんブログ村 トラコミュ 未来少年コナンへ
未来少年コナン

 ↑未来少年コナン トラコミュ
 
未来少年コナン ウィキペディア
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3
復刊ドットコム  ◆『未来少年コナン』 復刊特集ページ
  http://www.fukkan.com/fk/GroupList?gno=4911

未来少年コナンファンページ ”劇場版”って、どんなもの?
  http://homepage2.nifty.com/lefty-f/conan-research03.html
【徒然なるままに・・・】 『未来少年コナン』(1979)
  http://odin2099.exblog.jp/2940658/
レビュー・感想文サイトCHAOS サウンドシアター
 オールナイトニッポン特別番組 4時間生放送ドラマ「未来少年コナン」
  http://chaos.wewe.jp/chaos_e/cgi-bin/sound/read.cgi?no=18
 
BSアニメ夜話:未来少年コナン
  http://www.nhk.or.jp/manga/arc/anime04/01/page_005.html
CinemaScape/未来少年コナン(1979/日)
  http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=9335
未来少年コナン - みんなのシネマレビュー
  http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=3447
  ↑「当時はビデオも普及していない時代だったので、人気作品はよく”編集映画”として復活したものだった。」
「当時のアニメ映画ってそんなのばっかりだったよ。」
「劇場映画界の監督とは言え、部外者が作品を好き勝手に細切れにする当時の風習は余りに変。」
というコメントがある。当時の映画に関する時代背景も考える必要があるだろう。
  
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 ☆SF Kidの本棚……超常現象!!
   http://www.g-tools.net/17/26612/31060/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   『三四郎』な人生論
posted by SF Kid at 11:49| Comment(1) | TrackBack(1) | 未来少年コナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステキなブログですね。seesaaのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivito.blog62.fc2.com/

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)ではまた来ます。
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年02月09日 04:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『未来少年コナン』 '79日本
Excerpt:        "未来少年コナン" [未来少年コナン] 先日、BSで放映していた劇場版の『未来少年コナン』を観ました。 -----story------------- 1978年4月から10月までの..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2015-07-02 21:39