2011年08月21日

宇宙大戦争 ナタール人、こうすれば勝っていた

宇宙大戦争 [DVD] / 池部良, 安西郷子 (出演); 丘美丈二郎 (原著); 関沢新一 (脚本); 本多猪四郎 (監督)


 東宝特撮映画DVDコレクションの第16号は『宇宙大戦争』。
   http://deagostini.jp/ttd/backnumber.php?id=10685&issue=16
   
 1959年の作品です。
 作中描かれる時代は1965年とされています。
  
1959年 ルナ2号の月面到達
1969年 アポロ11号 人類初の月面着陸 
 
 ということは、これらの歴史的イベント以前に製作されていたということです。
 作中、宇宙航行中や月面でのシーンが描かれていますが、全て想像の産物ということです。
 アポロ11号の月面着陸以前にものすごい映画が製作されていたんだなあ。
 
  
 そして公開の6年後をこんなにも科学の進んだように想像し、描くことができたこの時代のエネルギーもすごい。
 例えば現在2011年。現在に生きる我々は6年後の2017年をどう想像するのでしょうか。
 科学が進んで宇宙旅行が可能になってると想像できるのでしょうか。
 むしろ、マヤ予言だとかフォトンベルトだとか小惑星や隕石の衝突、ポールシフト、金融崩壊、大恐慌、温暖化、原発事故、……。
 未来の予想は暗いものばかりで希望が全く持てません。
 一体どこに希望があるのでしょうか。
 6年後の科学の発達を予想することができた1959年の人々は幸せでした。
 
……と、未来への希望を持てた時代のエネルギーに満ちた作品。
 しかし、私がいいと思ったのはここまででした。
  
 ちょっと物語の展開に説得力がなく、ご都合主義的で強引なものを感じました。
 まあ多かれ少なかれ、どの物語でもご都合主義なものはあります。
『地球防衛軍』もそうでした。
  
地球防衛軍、モゲラ、ミステリアン
  http://sfkid.seesaa.net/article/218908318.html
  
 しかしそんなこと言ってればきりがないので、ある程度のところで納得しなければ仕方がない。
 しかし本作品はあまりにも強引すぎやしませんか。
 
 圧倒的に科学力・軍事力が上のナタール人ですよ。
 これはどうシミュレーションしても地球人が勝てないと思う。
 スピップ号が月にたどり着けることからして不可能だ。
 例え月に着陸しても、円盤で総攻撃すれば全滅だ。冷却無重力兵器を使えば一瞬で終わる。
 
 ナタール人は、人間を誘拐してロボットのように操ることができる技術を持っている。
 それならその能力をアーメット教授や岩村幸一(土屋嘉男)のみにとどまらず、世界の要人を次々に誘拐してコントロールすればよかったのだ。
 月面調査隊もヒラの岩村にとどまらず、隊長ほか全員を誘拐して支配下に置けばよかったのだ。
  
 岩村が持つ銃で円盤を撃ち落とすシーンなんて、まるで竹やりで戦闘機を落とすような描写である。あまりにもマンガ的すぎてしらけてしまう。
  
……ということで、あまりにも説得力がなく不自然で強引すぎる展開でしたね〜。
 
 それから、ワンシーンだけ登場して白石江津子(安西郷子)に群がっていた連中、一応、公式設定ではナタール人ということになっています。
 しかし映画だけ観ていると、本当に彼らはナタール人かという疑問もあります。
 彼らは月世界に初めから住んでいた原住民で、後からやって来て地球侵略の前線基地を建設したナタール人とは別の存在だったとか考えられないでしょうか。


宇宙大戦争 / 伊福部昭, サントラ (CD - 1996)


宇宙大戦争  
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89
 
宇宙大戦争 −SummaArs 藝術大全
  http://summaars.net/uchudai.html

Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters
宇宙大戦争 (昭和34年・1959)
  http://godzilla.open-g.com/battle_in_outer_space_1959.html
 
レトロな雑記帳 宇宙大戦争
  http://retroroom.blog111.fc2.com/blog-entry-356.html
 
【徒然なるままに・・・】『宇宙大戦争』(1959)
  http://odin2099.exblog.jp/3051770
 
   
地球防衛軍事典
http://amasaki.web.infoseek.co.jp/drama/Encyclopedia/Japan/boueigun.html
    
CinemaScape−映画批評空間− 宇宙大戦争 (1959/日)
  http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=6001

  
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   ありゃま商会 の回覧板

   OLDIES 三丁目のブログ

posted by SF Kid at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック