2012年10月30日

仮題・中学殺人事件 辻真先

仮題・中学殺人事件 (創元推理文庫) [文庫] / 辻 真先 (著); 東京創元社 (刊)

 可能キリコ(通称スーパー)と牧薩次(通称ポテト)が活躍するシリーズの第一作です。
 本作でデビューとなる二人は、海東中学2年生という設定です。
 本作品では、薩次の愛称ポテトというのはまだ登場していません。
 例えば、キリコがインタビューに行く兄を尾行する時、
「薩次くんもいらっしゃい」
と言っています。
 さらに、キリコ・可能克郎・二人の同級生が薩次を「ジャガイモ」と呼んでいるシーンもあります。
 これ、ちょっとしたトリビア。
 しかしこれはソノラマ文庫版だから、再発行版では訂正されていたりして!?
  
 10年以上も前に一度読んでいましたが、内容は全く忘れていました。
 読者が犯人になるという語り口のメタな構成が面白いです。
  
 あと、薩次、求愛される!薩次に来た3通の恋文の送り主は!?
 こんなことあったんですねえ。
       
 キリコ&薩次の掛け合いシーンは楽しいですね。二人で役割分担して補い合っているのもいい。
 ただ、描かれる殺人事件は結構悲惨です。
 殺人事件を扱うミステリー小説なのだから当然のことですが、キリコ&薩次の明るいほのぼの描写がある一方で、悲惨な事件が発生します。
 事件の裏には、人間の負の側面があるのです。
 だから登場人物も誰かが死に、誰かが犯罪を犯し、その裏には醜い現実があるわけです。
 私も精神が過敏になってしまったから、こういうの、駄目ですねえ。
 キリコ&薩次シリーズや古い時代の古典的作品はともかくとして、同時代のリアルな描写のミステリーは読めないと思います。
 やはり私にはミステリーよりSFの方が好みに合っているようです。
       
20121104100712.jpg
          絵■畑農照雄
       
……ということで、以後、ネタバレを含む記述となります。
 ネタバレ記述専門のブログを作りましたので、そちらに場所を移して書いています。
 本作品を読まれた皆様と、より突っ込んだ感想のやりとりをしてみたいと思っております。
 よろしければ、ぜひぜひご意見ご感想お寄せ下さい。
   ↓
      
20世紀少年少女SFクラブ・ネタバレ談話室   
仮題・中学殺人事件 辻真先(1)
  http://sfclub.sblo.jp/article/59670416.html
仮題・中学殺人事件 辻真先(2)
  http://sfclub.sblo.jp/article/59670547.html
      
        
仮題・中学殺人事件 (創元推理文庫)仮題・中学殺人事件 (創元推理文庫)
辻 真先

盗作・高校殺人事件 (創元推理文庫) 改訂・受験殺人事件 (創元推理文庫) ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! (講談社ノベルス) 人格転移の殺人 (講談社文庫) 完全恋愛 (小学館文庫)

by G-Tools

         
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   ありゃま商会 の回覧板
   OLDIES 三丁目のブログ
ラベル:辻真先
posted by SF Kid at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック