2016年04月29日

「11人いた」!ディアトロフ・インシデント 廃墟とクリーチャー

ディアトロフ・インシデント [DVD] -   ディアトロフ・インシデント [DVD] -


 たまたま購入したムーにディアトロフ遭難事件の記事が掲載されていて、強く印象に残ったので検索したら、この事件を扱った映画があると知りました。

  
 廃墟の描写と、その稼働中時代の描写は必見。
 ディアトロフ遭難事件の現場の取材に出かけた学生グループ。
 ディアトロフグループの唯一の生存者のインタビューのために精神病院を訪れると、追い返される。
 救助活動に携わった生存者を訪ねると、9人のはずの死体が、
「11人いた」!
 次の日、サブイレウスで苦しみながらこのやり取りを思い出していると、ふと今後の展開に想像がついたような。
 これで私も超常現象マニアの端くれとして合格!?


 これは怖い。閲覧注意です。
 こういう陰謀論めいた話を信じる怖がりの方は、ネタバレのあらすじを知るだけで、見なくていいかもしれません。
 このような怖い映画を見ながら食事をするのは危険だと分かりました。
 こういった陰謀論的な超常現象テーマを信じるか信じないかにもよるのでしょうが、私は最初の40分ほどを夕食を食べながら見たところ、あまりの恐ろしさに胃腸の動きが止まってしまいました。
 翌日はサブイレウス状態で、起きてはいられず、ほとんど寝たきり状態となってしまいました。
 残りの部分は、休日の昼間の明るい時間に、これ以上見るのをやめようかと何度も思いながらも何とか最後まで見られました。
 とにかく怖いので、一人で集中して見るのは辛い。大勢でわいわい突っ込みながら軽い気持ちで見るべきです。

  
 それで、ディアトロフ遭難事件の謎解きになったのですか?
 一応、陰謀論的なSF的な解釈というか仮説になっていました。
 しかし、私は、多分この仮説ではないと思います。
 私は、宇宙人が絡んでいると思います。

  
……それで、他の方はどのような感想を書いているかとネット上を検索すると、思いもしなかった解釈をしている方々がいて、目からうろこが落ちました。
 理解力があるかないかで、映画の感想も違ってくるという事例です。
 私のように理解できないと、「単なる怖い映画だった」で終わりますが、この方々のようにここまで理解できると、より一層映画を楽しめることができます。
 その件については、ネタバレブログで書きます。


少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
『ディアトロフ・インシデント』のネタバレに驚愕!!拙者、まだまだ未熟者で……
  http://sfclub.sblo.jp/article/175090917.html


ディアトロフ・インシデント [DVD]ディアトロフ・インシデント [DVD]


by G-Tools



  [wikipedia:ディアトロフ峠事件]  [wikipedia:ディアトロフ・インシデント]


映画公式サイト http://www.albatros-film.com/movie/dyatlov-incident/

 
eigacom ディアトロフ・インシデント http://eiga.com/l/UfKun


【「ディアトロフ・インシデント」に関する感想・評価 / coco 映画レビュー】
   http://coco.to/movie/34705
ディアトロフ・インシデント|映画情報のぴあ映画生活
   http://cinema.pia.co.jp/title/162537/
ディアトロフ・インシデント ツタヤディスカス
   http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?pageNo=1&titleID=2188762578&order=1&selGoodsIdx=0&seriesPageNo=1&pT=0#review
ディアトロフ・インシデント ヤフー映画
   http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88/346345/

  
SF KidなWeblog
学研ムー 2016年 04 月号のすごい記事 定期購読したい 速読マスターしたい
   http://sfkid.seesaa.net/article/436135046.html


ブクログ
  http://booklog.jp/item/1/B00FWKDTIS
  http://booklog.jp/item/1/B00LTDB3IU
  http://booklog.jp/item/1/B00HJO7N82


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 

  
 ☆SF Kidの本棚    http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437341292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック