2017年01月09日

バビル2世

かなり昔に某リサイクルブックで購入して放置していたコンビニコミック『バビル2世』を読みました。

 
20170109093318.jpg




(秋田トップコミックス
 バビルの使者の巻 2002年1月20日
 世界征服計画の巻 2002年2月20日)


 浩一少年がロプロスに連れられてバビルの塔に着き、超能力に目覚めヨミとの出会いと戦いの開始までがじっくりと描かれています。
 ヨミもかつてはバビルの後継者候補としてテストを受け、失格していたという設定が素晴らしい。
 横山光輝先生は晩年は大河歴史漫画を描かれて、この当時と作風が変わりましたが、ヨミの風貌やポーズに、後の『水滸伝』『三国志』に登場する悪役キャラにつながるものが感じられます。
 さすが大御所、物語展開がうまいので、続きが読みたくなりました。



 http://booklog.jp/item/1/4253030378



  [wikipedia:バビル2世]  [wikipedia:その名は101]


  公式サイト

 
まんがシーク バビル2世 https://mangaseek.net/work/8074.html


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 

  
 ☆SF Kidの本棚    http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
ラベル:横山光輝
posted by SF Kid at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック