2017年09月16日

神秘の島〈第1部〉 (偕成社文庫)




 南北戦争中、南軍の捕虜となったサイラス・スミス。嵐の夜、仲間の4人と飼い犬と共に気球に乗って逃亡を図るが、制御に失敗。南海の孤島に着の身着のままで不時着する。彼らは島で生活するため、開拓を開始する。

 

 
 ヴェルヌの孤島生活ものです。
『二年間の休暇』では難破した船に積んでいた積み荷を島に運ぶことができましたが、本作品では気球で漂流中に軽くするため、ほとんどの積み荷を捨ててしまったので着の身着のままです。
 しかしサイラス・スミスは良き技術者であり良き科学者でもあるので、島にある資源から必要なものを作り出します。
 土をこねてレンガや陶器を作るのから始まり、金属を精製したり火薬を作ったり。グリセリンだとか石鹸だとか、有機化学で習ったような用語も出てきます。
 特に、山の上の湖から海につながる地下水路を住居に改造するエピソードはすごい。私ならこんな発想はとても出てきません。
 もし私が彼らと同じような立場になったとしても、とても生き残ることはできないでしょう。

 
 しかし知識というのは役に立つものですね。今は身の回りに物があふれていますが、もし無人島に放り出された場合、生き残るためにはどんな知識が役に立つか分かったものではありません。そんな意識を持っていれば、学校での勉強にも身が入るのではないでしょうか。
(三角関数を使って距離や高さを求める記述もあります。こんな利用法を数学の授業の時に教えてくれたら、もっと興味がわくと思うのですが。)

 
『十五少年漂流記』に、バクスターという少年が登場します。手先が器用な職人肌で、色々な工事を行って生活を快適にしてくれます。
 私が子ども時代に『十五少年』を読んだ時、この地味なバクスターがあまり印象に残らなかったのでした。
 ところが大人になって再読した時、こういう存在は非常にありがたいものだと思ったものです。
 この『神秘の島』では、物資が乏しいため、5人の人々は皆バクスターのようになって作業を行います。そして5人のリーダーであるサイラス・スミスは、バクスターとブリアンとゴードンが合体して成長したような人物です(決してドニファンは混じっていない)。

  
……という風にこの第一部では、島の開拓の話が中心で、ストーリー的に驚くような展開はありません。無人島でのサバイバル方法を楽しむ巻です。とはいえ、少し謎の伏線となるような記述もあり、これらの謎は第二部や第三部で展開し、発展していくのでしょう。ということで、第二部に続きます。


(メモ)
ミズブタを捕まえて食べるシーンがあります。ミズブタとはどんな動物かと検索すると、カピバラのようです。

 
こんばんは。 今カピバラを調べていたら
  https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12155706652


    


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4036513206
読書メーター https://bookmeter.com/books/17558


OLDIES 三丁目のブログ
■[名作文学]十五少年漂流記
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080831/p1
■[名作文学]イラスト図解 十五少年漂流記 (絵でみる世界の名作)
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080915/p1


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 

  
 ☆SF Kidの本棚    http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
ラベル:ヴェルヌ
posted by SF Kid at 06:55| Comment(1) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネタバレ感想書きました。
  ↓
少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
ヴェルヌ『神秘の島』ネタバレ感想会
  http://sfclub.sblo.jp/article/181119351.html
Posted by SF Kid at 2017年09月28日 07:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。