2019年04月03日

ミッション: 8ミニッツ で考える国民性と映画

ミッション:8ミニッツ [DVD]
ミッション:8ミニッツ [DVD]


 8分間だけ意識を過去の人物に憑依することができるという軍事機密だかオカルトかを扱ったタイムループSF。
 最後のシーンが理解できなかったのですが、ネットで検索して他の方が書かれているのを読んで納得。
 エンタメ映画と思って気を許して見ていてはいけない。
 この映画のようによく考えないと分からないという映画も結構あるのです。
 今はインターネットで色々な人の意見を検索できるのでいいですね。
 こんな風に映画の見方を学んでいって賢くなっていきたいものです。
 
 しかし、アメリカ人の発想力とはすごいものですね。
 コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ジレンホール)は、過去は変えられないと言われても変えようとして挑戦します。
 私なんかは科学者に
「過去は変えられないのだ」
と言われたら、はいそうですか、そんなもんですかと納得してしまうでしょう。
 あきらめが早いというか東洋風の諦観です。
 そこら辺、狩猟民族はあきらめが悪いというかネバーギブアップ精神でとことん挑戦するのです。
 グッドウィン空軍大尉(ヴェラ・ファーミガ)の行動は、もっと不可解です。
 一般的な日本人の考え方としては多分このような行動は取れないでしょう。
 中間管理職の悲哀というか、「私には権限がない」「勝手なことはできない」と言って逃げてしまうのが多数派ではないでしょうか。
 上の命令に逆らうわけにはいかない、まず上司の許可を……というのが日本人の国民性なのです。
 これは国民性・民族性でもあるし、教育や部活でもそういう風潮を叩き込まれます。
 安倍政権や大阪の維新政権もそのような方針です。
 新しい元号も“命令に従って和を乱すな”という意味なのです。
(官僚が自分の判断で勝手に公文書を改竄するわけないじゃないですか!人事権を握っている官邸による「空気を読め!お前ら勘ぐれ!」の空気が支配しているのです)
 そういう考え方が当たり前のようになると、面白い映画を創る発想も 出るわけないですね。
 やはり個人の意見が尊重される自由な社会だからこそ面白い映画も創れるのではないでしょうか。
  
vlcsnap-2019-03-25-19h16m31s057.png
 ↑陸軍病院に勤めていたという看護師から借りたスマホ。スライド式キーボードだ!!
 この看護師さん、最後に車両の皆が笑っているシーンで再登場しなかった。歴史が変わって消えてしまったのか!?
  
  [wikipedia:ミッション: 8ミニッツ]
  [wikipedia:ループもの]
  
アノ映画日和
「ミッション8ミニッツ」感想 繰り返す8分間の選択とその結論
  https://www.anomaly3-movie.com/entry/Source_code

ひたすら映画を観まくるブログ
『ミッション:8ミニッツ』ネタバレ映画感想/解説 -
  https://type-r.hatenablog.com/entry/20111127

100光年ダイアリー
『ミッション:8ミニッツ』のラストについて
  http://100lightyear.hatenadiary.jp/entry/20111111/1320947366

ミッション:8ミニッツのネタバレ感想!あらすじ・ラストを分かりやすく解説
  https://bibi-star.jp/posts/2909

「要注意! 完全なネタばれ。」ミッション:8ミニッツ|映画情報のぴあ映画生活掲示板
  http://cinema.pia.co.jp/com/156977/807175/
  
ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/B006O3S2NY
  https://booklog.jp/item/1/B005MH1KIC
  https://booklog.jp/item/1/B00AH8EG9G
   
少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
 月に囚われた男 ネタバレ検討会
  http://sfclub.sblo.jp/article/184064877.html




にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆快眠・早起き朝活・健康生活がテーマです!
   快眠・早起き朝活・健康生活ブログ
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   荒馬紹介のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 06:48| Comment(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: