2016年04月03日

学研ムー 2016年 04 月号のすごい記事 定期購読したい 速読マスターしたい

ムー 2016年 04 月号 [雑誌] -
   ムー 2016年 04 月号 [雑誌] -

  
 正統竹内文書の特集を読みたくて、ムー4月号を購入しました。
 その記事については以下に書きました。

  
歴史を覆す古史古伝“正統"竹内文書の謎 ムー 2016年 04 月号
  http://sfkid.seesaa.net/article/435672243.html

  
 その他の記事について印象に残った記事を。
続きを読む
ラベル:月刊ムー
posted by SF Kid at 13:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

脳外科権威が発表★死後の世界はあった

奇跡体験!アンビリバボー:独占取材!脳外科権威が発表★死後の世界はあった
  http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/131128_1.html

 
 久々に超常現象テーマの回。
 不思議な話でした。

 
 エベン・アレクサンダー医師の臨死体験もすごい話ですが、大腸菌による細菌性髄膜炎から回復したというのもすごい話です。
 後者についてはどう説明がつくのでしょうか。

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界 [単行本] / エベン アレグザンダー, Eben Alexander (著); 白川 貴子 (翻訳); 早川書房 (刊)
   
死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)
   http://karapaia.livedoor.biz/archives/52147074.html



続きを読む
posted by SF Kid at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

モントーク・モンスターとケネディ暗殺の真相?

スターゼリーと赤い雨の謎
  http://sfkid.seesaa.net/article/303547591.html
の続きです。
   
 モントーク・モンスターの謎。
 この奇妙な生物の死体の正体は、この番組の結論ではアライグマだということだった。
 検索すると、疥癬にかかって死んだタヌキだという記述もあります。
 疥癬は人間にもかかって、病院や施設で集団感染して大変だったという話も聞きますね。
 小学生の頃、沖縄戦に関する本を読むと、疥癬にかかったという記述もありました。
   
 しかし、モンスターの死体が消えたという謎はどう説明するのだろうか。
 保険所の人が来て持って行ったのだろうか?
 それとも、波がさらっていったのだろうか?
 DNAを調べて確定するまでは結論をつけるのは早いのではないだろうか?
  
 あと、ケネディ暗殺犯は別にいたという説。
 犯人だとされる男はケネディの乗った車の後方にいた。
 しかし映像を見ると、前方から撃たれているように見える。
 その位置にいた連中も逮捕されたのだが、すぐに釈放されたという。
 この辺のいきさつ、定説ではどうなっているのだろうか。
 アメリカ政府は宇宙人と極秘裏に交渉していて、ケネディはそれを明らかにしようとしたために暗殺された、という説明だった。
 アメリカと宇宙人の交渉はその後どうなったのだろうか。
 今でも続いているのだろうか。
     
 モントークといえば、モントーク・プロジェクトというものがありました。
「ムー」で読んで、まるでSF小説を読んでいるような内容に興奮したものです。
 本も出ているんですね。読んでみたい。
 果たして、カタストロフィが来て私が死ぬまでに読むことができるでしょうか?
   
   ★謎のタイム・ワープ―モントークプロジェクト 実用化されていた驚愕のスーパー・テクノロジー!!
   ★タイム・アドベンチャー―モントーク・プロジェクト〈2〉

   ★ケネディ暗殺とUFO
   ★ユングは知っていた―UFO・宇宙人・シンクロニシティの真相


Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説(4)Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説(4)
関 暁夫

ハローバイバイ関暁夫の都市伝説2 ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第 S・セキルバーグ関暁夫の都市伝説3 ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 地球滅亡へのカウントダウン 上巻~秘密結社フリーメイソン~ [DVD] フリーメイソンの秘密

by G-Tools

      
続きを読む
posted by SF Kid at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする