2014年09月04日

妖星ゴラス 東宝クレージー映画?

妖星ゴラス【期間限定プライス版】 [DVD]妖星ゴラス【期間限定プライス版】 [DVD]

地球防衛軍 【期間限定プライス版】 [DVD] 海底軍艦【期間限定プライス版】 [DVD] 宇宙大戦争 【期間限定プライス版】  [DVD] マタンゴ【期間限定プライス版】 [DVD] 大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]

by G-Tools



 地球の軌道を変えるなんて、加速度を変えるんだから、地上に影響はないのでしょうか?科学的に考えるとどうなんでしょうか?
 例えば、電車やエレベーターの中にいる時、出発時や減速時に力を感じますね。

    続きを読む
posted by SF Kid at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

美女と液体人間 レトロとトンデモ

美女と液体人間 【期間限定プライス版】 [DVD]美女と液体人間 【期間限定プライス版】 [DVD]

電送人間 【期間限定プライス版】 [DVD] ガス人間第1号 【期間限定プライス版】 [DVD] マタンゴ【期間限定プライス版】 [DVD] 地球防衛軍 【期間限定プライス版】 [DVD] 大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]

by G-Tools



 昭和33年の作品ということで、登場する街並みや建築物・自動車などの古き良きレトロ感を堪能。

  
 液体人間と麻薬密売組織や白川由美(新井千加子)との関わりや、液体人間の行動基準がはっきりしません。単なる偶然が重なっただけなのか、はっきりとした意志があったのか?
 色々な方のレビューを拝読しますと、その辺、自分なりに補完・解釈されておられて、納得の一助となりました。

続きを読む
posted by SF Kid at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

エスパイ映画版 私は傑作だと思います

B00CTIVLMCエスパイ【期間限定プライス版】 [DVD]
東宝 2013-08-02

by G-Tools



 超能力スパイ戦争!
 正義のエスパイチームは5人。
 法条チーフ(加山雄三)と寺岡(睦五郎)が超能力を使うシーンはなかった。
 法条とマリア原田(由美かおる)がテレパシーで話すシーンはあったので、テレパシーは使えるのだろう。
 法条チーフはウルロフ(若山富三郎)との最終決戦には不参加だったので、余り強力な使い手ではないということなのか?
続きを読む
posted by SF Kid at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

土曜プレミアム『星新一ミステリーSP』

土曜プレミアム『星新一ミステリーSP』
  http://www.fujitv.co.jp/hoshi_sp/
   http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140122-027.html
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E6%96%B0%E4%B8%80%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BCSP


 星新一さんの小説については、小学高学年の頃から色々と読みました。
 しかし残念ながらほとんど忘れてしまいました。
 今回ドラマ化された5本も読んだはずなのですが、見事に忘れています。
 スマートフォンが出てきたり、あまり時代を感じさせず、ということは現代風ということです。原作を脚色しているのでしょうか?原作と比べてみたい。


「七人の犯罪者」が面白かった。
 犯罪を取り締まるために試験的に導入された制度が、余計に犯罪を誘発しているというのが皮肉。
 これがオチかと思ったら、もう一つオチがあって驚き。
 今のドラマはこれくらい、ダメ押しのオチが必要なんでしょうか。


  
 総じて後味が悪い結末で、星さんのショートショートはこんなに後味悪かったかな、と思ってたら、最後の「華やかな三つの願い」は、ハッピーエンドでしょうか?
 悪魔や魔法使いの類いと取り引きをする際、どのような願い事をすると一番得になるか。先方を味方に付ければいい、ということで、これはいい取り引きのケーススタディではないでしょうか。


OLDIES 三丁目のブログ
■[名作文学]いなか医者はあら皮に何を頼むか
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20080420/p1

 
 ともかく、星さんの作品を再読したくなりました。
 しかし、星新一さんならば、「SFスペシャル」と銘打って欲しかったですね。今は「SF」より、「ミステリー」の方がアピール力あるのでしょうか。
続きを読む
ラベル:星新一
posted by SF Kid at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする