2015年03月24日

四国・坊っちゃん列車殺人号

20150326065836.jpg 四国・坊っちゃん列車殺人号 (光文社文庫)
   ★四国・坊っちゃん列車殺人号


赤シャツが死に、
タヌキ校長は行方不明
マドンナをめぐって――?
殺意は走る! (帯より)


【登場人物】
坊っちゃん 坂井繁道……サカ・プロバイダ社長。プロダクトBYのスポンサー。
マドンナ 山谷夕菜(旧姓早見)……山屋旅館女将
山嵐 薄田刹那……フリーの映画監督
タヌキ 福原彩香……ルポライター
赤シャツ 海江田成仁 ……不動産業者
野だいこ 柳津俊……フリーライター
うらなり 瓜生慎……トラベルライター


本山伍一……ヤマトテレビ映画部総括プロデューサー
可能克郎……”夕刊サン”デスク


【プロダクトBYとは】
旅行雑誌”鉄路”を出版する文英社と民法の雄ヤマトテレビが新しい映像文化のために共同企画した子会社。
 文英社からは編集局長の新谷が、ヤマトテレビからは本山映画部総括プロデューサーが出向して、それぞれ社長と副社長の椅子に着いた。
 瓜生慎も関係しているようだが、具体的な役割は不明。

続きを読む
タグ:辻真先
posted by SF Kid at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 探偵小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

月世界2008年 福島正実が予見した21世紀初頭の日本

20150228093512.jpg 20150228093535.jpg
   ★月世界2008年 (旺文社文庫)


 30篇の短編小説が収録されています。
 長さだけを見れば、「ショートショート」とも言えます。
 しかし、裏表紙の内容案内では
「現実に起こりうる話をSFタッチで巧みに描いた短篇を収録」
と書かれています。
  
続きを読む
タグ:福島正実
posted by SF Kid at 20:46| Comment(1) | TrackBack(4) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

今更ながら『モスラ対ゴジラ』

 今更ながらようやく『モスラ対ゴジラ』を見ました。
(見たのはデアゴスティーニ東宝特撮映画DVDコレクション版です)

 
モスラ対ゴジラ  【60周年記念版】 [DVD] -
モスラ対ゴジラ 【60周年記念版】 [DVD] -
続きを読む
posted by SF Kid at 20:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

超特急燕号誘拐事件

20150209080505.jpg 20150209080607.jpg
   ★超特急燕号誘拐事件


昭和10年、超特急燕号。トンネルの中で何が起こったか。
ノスタルジック・ミステリー(新聞新刊広告より)

 続きを読む
タグ:辻真先
posted by SF Kid at 20:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 探偵小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

『ゴジラの逆襲』ようやく見ました




 今更ながらようやく『ゴジラの逆襲』を見ました。
(見たのはデアゴスティーニ東宝特撮映画DVDコレクション版です)


 岩戸島がどの辺に浮かんでいる島なのか分かりませんが、その島にいたゴジラとアンギラスが何でわざわざ日本までやって来るのでしょうか。

  
 アンギラス(アンキロサウルス)は泳げるのでしょうか。普通なら陸上動物が海を渡って来るのはおかしいです。

 
 ゴジラ上陸を防ぐために灯火管制までやっているのに、何で囚人護送してるのでしょうか。空気読め!

  
 ゴジラを雪崩で閉じ込める作戦ですが、雪というより氷です。
 しかし、海中でも呼吸できるゴジラですから、氷に埋まっても何ともないのではないでしょうか。


  [wikipedia:ゴジラの逆襲]


みんなのシネマレビュー
   http://www.jtnews.jp/cgi-bin/rv_3857.html


ゴジラの逆襲 [60周年記念版] [DVD]ゴジラの逆襲 [60周年記念版] [DVD]

ゴジラ(昭和29年度作品) [60周年記念版] [DVD] モスラ対ゴジラ  【60周年記念版】 [DVD] キングコング対ゴジラ 【60周年記念版】 [DVD] 三大怪獣 地球最大の決戦 [60周年記念版] [DVD] 怪獣大戦争 【60周年記念版】 [DVD]

by G-Tools

続きを読む
posted by SF Kid at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする