2006年04月23日

宇宙から見る地球

 朝日新聞土曜beで連載中の日野原重明さんのコラム
「94歳・私の証 あるがまま行く」4月15日は、
「宇宙飛行士が見た地球」というタイトルだった。

 最初、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんの著書『オンリーワン』について触れています。

 野口さんはこの本を、夢を抱きにくい時代を生きる子ども達へのメッセージとして書かれたそうです。
 平凡な子どもだった自分だって宇宙飛行士になれた。だから、「あきらめちゃいけない。宇宙は、無数の“オンリーワン”を持っている」と。

4103021012オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった
野口 聡一
新潮社 2006-03-23

by G-Tools


「平凡な子どもだった自分だって〜」という説は、どうかなあ。起業の本だとかアフィリエイトの本だとか情報商材のあおり文句なんか読むと、このような記述にあふれていて、誰でも成功できそうな気にさせられますけど、現実はそううまくいくわけではありません。
 しかし、子どもならばまだ可能性が十分残されています。出来るだけ早く、自分の将来の夢を見つけて計画を実行していくことが大切です。
 
 日野原さんの夢は、宇宙飛行だそうです。
 立花隆の著書を始め、宇宙飛行士に関する本を色々と読まれているようです。

 私も宇宙空間から地球をこの目で眺め、平和のメッセージを地上に送りたい。


 宇宙飛行から戻る際、だんだんと近づいてくる地球を見ると、空気と水に包まれた大地に生物が共生する星は、絶え間なく青い色を変化させながら呼吸を続けているそうです。なぜこんなにも美しい星で人々は争い殺し合うのか。宇宙から地球を見た人々は、みな平和を祈る気持ちを抱くようです。私はその時、何を思うのでしょうか。

 確かに、宇宙に行くと人生観が変わるということを聞いたことがあります。
 宇宙飛行が可能になれば、平和教育の一環として宇宙飛行を導入するというのはどうだろうか。

 また、宇宙に行くことは不可能でも、その体験の一端でも味わえないだろうか。
 例えば、DVDに、宇宙空間から見た地球だとか宇宙だとか収録して、今日のコラムで日野原さんが書いていたように、宇宙からの帰還を追体験できるような画像も収録したりすることなどは可能な気がする。
 それとも、もう商品化されて販売されているのだろうか。

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   SF KidなWeblog(旧)
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   【2006年】★大逆転カレンダー★!
   なぜ学.総合科学部
   なぜ学総合科学部冒険記
posted by SF Kid at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ビートたけしの年末超常現象スペシャル(1)登場者総評
Excerpt: 現在、4月も下旬にさしかかった頃。今頃2005年の大晦日の話題です。 これでも、放送後にかなり遅れて書いた文章ですが、ブログの引っ越しなどでアップロードが遅れました。 日付けを操作して、1月中旬..
Weblog: SF KidなWeblog
Tracked: 2006-04-23 15:37