2014年07月31日

夏への扉 ハードボイルド経済SF

夏への扉[新訳版] - ロバート・A・ハインライン, 小尾芙佐

  夏への扉[新訳版] - ロバート・A・ハインライン, 小尾芙佐

夏への扉 - ロバート A ハインライン, 福島 正実

  夏への扉 - ロバート A ハインライン, 福島 正実

 
 名作SFとしてよく名前が挙がっている作品。
 読書ログの2014年7月の課題図書になっていたので、これを機会に読むことにしました。


読書ログ 2014年07月の課題図書 『夏への扉』
  http://www.dokusho-log.com/monthlybook/201407/



 表紙に猫の絵がファンタジックに描かれていて、内容紹介文は
「ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。」
と始まっています。
 これを読んで、
扉を開けるとそこは夢の世界で、ロマンチックでファンタジックな冒険をする……
という風な、「不思議の国のアリス」のような、ジブリのようなファンタジー風の話なのかと想像していました。
 ところが読んでみると、そんな甘っちょろいファンタジーではなく、ハードボイルド風のハードな展開でした。
 ハードボイルド風味のビジネス小説・経済小説・特許小説・復讐譚に、タイムトラベルSFが絡む物語。
 主人公のハードな言動は、映画版『マルタの鷹』や『カサブランカ』のハンフリー・ボガートを思い出しました。


 しかし、発明する機械を良心的なものにしようとする愚直な技術屋精神や、それに名前を付けようとする精神構造は、日本人の感性にも合っているのでは?
 この作品が日本人に人気があるというのは、この主人公の良心的な技術屋精神が日本人の職業倫理に訴えるというところもあるのではないでしょうか。



SF KidなWeblog
『超能力部隊』ロバート・A・ハインライン
  http://sfkid.seesaa.net/article/112424091.html
   ↑ハインラインって、そもそもこんなハードな世界観を持ってるんだから……。


  [wikipedia:夏への扉]
  [wikipedia:ロバート・A・ハインライン]

夏への扉 - ニコ百 http://dic.nicovideo.jp/id/419019


404 Blog Not Found
 事実は小説より喜なり - 書評 - 夏への扉 [新訳版]
  http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51265089.html
はてな匿名ダイアリー
 ■『夏への扉』はとんでもない愚作なので褒めないでください
  http://anond.hatelabo.jp/20130512143540
彩庵草子
 夏への扉の最近の書評がおかしくないか?
  http://d.hatena.ne.jp/atsu_psyan/20130514
OLDIES 三丁目のブログ
 ■[映画]マルタの鷹 悪役男三人衆
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20131222/p1


ブクログ
  http://booklog.jp/item/1/415011742X
  http://booklog.jp/item/1/4150103453
  http://booklog.jp/item/1/4152090596
読書ログ
  http://www.dokusho-log.com/b/415011742X/
  http://www.dokusho-log.com/b/4150103453/
  http://www.dokusho-log.com/b/4152090596/
読書メーター
  http://book.akahoshitakuya.com/b/415011742X
  http://book.akahoshitakuya.com/b/4152090596

   


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   市井學人のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 空想科学小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20世紀少年少女SFクラブ
 2026年の予知夢 人類のあけぼの号
  https://sfklubo.net/akebono/
  ↑TB代わりのコメントです。
Posted by SF Kid at 2021年03月14日 20:00
SF KidなWeblog
 人類のあけぼの号 HP編集後記&参照リンク集&コメントコーナーなど
  https://sfkid.seesaa.net/article/480527374.html
  ↑TB代わりのコメントです。
Posted by SF Kid at 2021年03月16日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)(少しだけネタバレあり)
Excerpt:  幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) -  
Weblog: SF KidなWeblog
Tracked: 2016-03-15 06:49