2022年11月28日

カレル・ゼマン【悪魔の発明】設定の解説が欲しい

悪魔の発明 HDマスター 《スペシャル・プライス》 DVD - アルノシュト・ナヴラーチル, ジュール・ヴェルヌ, カレル・ゼマン, カレル・ゼマン, フランチェシク・フルビーン, ズデニェク・リシュカ, イジー・タランチーク, アルノシュト・ナヴラーチル, ルボル・トコシュ, ヤナ・ザトロウカロヴァー, ミロスラフ・ホルップ
悪魔の発明 HDマスター 《スペシャル・プライス》 DVD - アルノシュト・ナヴラーチル, ジュール・ヴェルヌ, カレル・ゼマン, カレル・ゼマン, フランチェシク・フルビーン, ズデニェク・リシュカ, イジー・タランチーク, アルノシュト・ナヴラーチル, ルボル・トコシュ, ヤナ・ザトロウカロヴァー, ミロスラフ・ホルップ



 冒頭、語り手のシモン・ハルトによる前置きが入ります。
(字幕では「シモン・ハルト」表記。ドイツ語読み風だ。ウィキペディアでは「シモン・アール」表記。フランス語としてはこれが正しいのだろう。でも音声を聴くと「ハルト」と言ってるように聞こえる。そういえばこれはチェコ映画だった。チェコ語?)
 ハルトが色々な乗り物に乗って世界中を旅行したことを回想するシーンです。
 所々、ヴェルヌの他の作品を思わせる描写が入ってきます。

「私を中心に友人ロブルやバルビカンやネモ船長が集まり
 これが青春時代でした」
 
 ネモ船長とはあの有名な人物です。
「ロブル」とは『征服者ロビュール』のことでしょうか。

 乗合自動車に乗ったハルトが「アホウドリだ」
と空を指差すとアルバトロス号が空を飛んでいるシーンがあります。
 直後に

「親友で飛行士のロブルが言ったことの真意は これだったのです」

というモノローグが入るので、多分そうでしょう。
 これは、『征服者ロビュール』の主人公・ロビュールがアルバトロス(アホウドリ)号に乗っているという知識がないと分からないマニアックなくすぐりのシーンです。
 となると、残る「バルビカン」とは一体何者なんでしょうか。
 彼らとシモン・ハルトが友人とは、一体どういう設定なんでしょうか。
 そもそも征服者ロビュールはどちらかというと悪役なのですが。
 ヴェルヌの知識が初心者レベルの私には読み解くのはまだまだ難しいのかもしれません。
 上級者レベルの方による“詳注”が欲しいところです。
 
 
悪魔の発明 (創元推理文庫 606-3) - ジュール・ヴェルヌ, 鈴木 豊
悪魔の発明 (創元推理文庫 606-3) - ジュール・ヴェルヌ, 鈴木 豊


  [wikipedia:悪魔の発明]
  [wikipedia:カレル・ゼマン]

●ブクログ https://booklog.jp/item/1/B0009V1DGA


レタントンローヤル館
「悪魔の発明」カレル・ゼマン監督のノスタルジック溢れるジュール・ベルヌ原作の映画化…
https://wedplain15.hatenablog.com/entry/2022/04/30/112255


KINENOT「悪魔の発明」
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=12866&20221127

映画コム
https://eiga.com/movie/41994/

フィルマークス
https://filmarks.com/movies/19952



にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ 
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレsalono(ネタバレ注意!)
 ☆健康生活のために!
   快眠・早起き朝活・健康生活ブログ
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   市井學人のツイッター保管庫
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック