2007年05月05日

喫茶・大菩薩峠

 5月1日の朝日新聞に“わが家のミカタ黄金週間スペシャル”と銘打って

塔・空中回廊……セルフ建築「大菩薩峠」
夢追ってれんが10万個
阿波のキョーレツ奇怪遺産


という記事が掲載された。
 
“地元じゃ知られた喫茶店”ということだが、これはものすごい建築物である。店主がこつこつとれんがを積んで増築を重ね、巨大な建築物となった。まだまだ未完だという。

 スペインにガウディが設計したという未完の塔があって観光名所になっているというが、私はこの“大菩薩峠”はそれに匹敵すると思う。ガウディは建築の専門家であるが、こちらは建築の専門家ではなく、市井の人が頭の中の設計図を元に、自分自身がれんがを積んでコツコツ作っていったものである。日本を代表する大建築である。しかしあまり有名になりすぎて観光客が来過ぎても迷惑になるだろうか。

大菩薩峠 (小説) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%B3%A0_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
大菩薩峠(地名) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%B3%A0
WARAU YODARE 笑うよだれ 大菩薩峠
  http://woodstar3.blog62.fc2.com/blog-entry-100.html
関心空間『大菩薩峠』
  http://www.kanshin.com/keyword/990137
とくしま建物再発見P「喫茶・大菩薩峠」
ロマンとエネルギー凝縮 徳島新聞(2001年8月25日)より
  http://www.taa2003.com/write02/tokushima-tatemono/17daibosatsu.htm
Yahoo!グルメ 大菩薩峠 [ 喫茶、コーヒーショップ ]
  http://gourmet.yahoo.co.jp/0005856760/0008008225/ktop/

 以前、『奇跡体験!アンビリバボー』で、不思議建築シリーズというのがあって、巨大な石を使って造られた石の王宮や、増築を重ねて迷路のようになった大邸宅が紹介されていた。
 日本にもこの大菩薩峠や沢田マンションなど素晴らしい建築物がある。他にも捜せばもっとあるのではないだろうか。

沢田マンションとは?
  http://sfkid.seesaa.net/article/23074699.html

 人間は時に思いもよらぬ創造物を創造するものです。

    
にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
  
  
 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   ありゃま商会 の回覧板
posted by SF Kid at 21:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

会津さざえ堂

 さる新聞の12月17日付に、会津さざえ堂のことが載っていました。
 外から見ると、ねじ曲がったような奇妙な印象を受けます。
 中は、二重らせんの階段が入っているようです。
 こんな面白い建物も建てられたんだなあ。
 
asahi.com > be > be on Sunday
奇想遺産 会津さざえ堂(日本)
  http://www.be.asahi.com/be_s/20061217/14DNS061.html

会津さざえ堂公式ホームページ
  www.sazaedo.com
  http://www.eva.hi-ho.ne.jp/iimori/

まぼろし博物館 会津さざえ堂
  http://www.ntt-f.co.jp/fusion/no27/museum/museum.htm

栄螺堂 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E8%9E%BA%E5%A0%82

建築マップ さざえ堂(旧正宗寺円通三匝堂)
  http://www.linkclub.or.jp/~hiro335/a_map/fukushima_01.html

日本すきま漫遊記 飯盛山さざえ堂
  http://www.sukima.com/01_tohoku99_01/06sazae.htm
 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   市井のディレッタント
   市井のディレッタント 冒険記
   【2006年】★大逆転カレンダー★!

posted by SF Kid at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

沢田マンションとは?

 朝日新聞2006年8月23日および30日に、

わが家のミカタ 夏スペシャル
モーレツ 沢田マンション伝説


という記事が載りました。

屋上庭園、クレーン、製材所にリフト完備……。謎の巨大建築は?
夫婦で自作 まだ増改築中

という見出しが示すように、建築のワンダーランドです。
 23日に全景写真が掲載されていますが、巨大な建築物です。
 何かの文化遺産を思い出させますが、実は大勢の住人が住んでいる現役マンションなんです。

 現在実際に人が住んでいる建物を紹介してもいいのかと思いますが、建築を紹介したサイトや住人が作成しているブログもあるので、リンクさせて頂きます。

建築マップ 沢田マンション
 http://www.archi-map.net/~tks_design/jp_kochi/sawada01.html
LIFT -沢田マンション交換日記- 沢田マンションの住人たちが綴る共有ブログ
 http://sawamanblog.seesaa.net/

 共有ブログはseesaaブログを使っています。seesaaブログは共有して使えるのが長所。 
 上の「建築マップ」さんに掲載されている写真を見ると、別世界に迷い込んだかのような不思議な建物です。

 朝日新聞の記事には
「屋上庭園やクレーンまである姿は宮崎アニメか軍艦島。」
という文章がありますが、まさにそんな感じです。
 実際、私は『未来少年コナン』のハイハーバーのオーロ達が住んでいる住居や、コナンとジムシーが滞在していたラナの家を思い出しました。

 この沢田マンション、ウィークリーマンションとして使うことも可能なようです。 
沢田マンションQ&A
 http://sawamanblog.seesaa.net/article/22647536.html


沢田マンション
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   市井のディレッタント
   市井のディレッタント 冒険記
   【2007年】★大逆転カレンダー★!
posted by SF Kid at 20:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

宇宙から見る地球

 朝日新聞土曜beで連載中の日野原重明さんのコラム
「94歳・私の証 あるがまま行く」4月15日は、
「宇宙飛行士が見た地球」というタイトルだった。

 最初、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんの著書『オンリーワン』について触れています。

 野口さんはこの本を、夢を抱きにくい時代を生きる子ども達へのメッセージとして書かれたそうです。
 平凡な子どもだった自分だって宇宙飛行士になれた。だから、「あきらめちゃいけない。宇宙は、無数の“オンリーワン”を持っている」と。

4103021012オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった
野口 聡一
新潮社 2006-03-23

by G-Tools


「平凡な子どもだった自分だって〜」という説は、どうかなあ。起業の本だとかアフィリエイトの本だとか情報商材のあおり文句なんか読むと、このような記述にあふれていて、誰でも成功できそうな気にさせられますけど、現実はそううまくいくわけではありません。
 しかし、子どもならばまだ可能性が十分残されています。出来るだけ早く、自分の将来の夢を見つけて計画を実行していくことが大切です。
 続きを読む
posted by SF Kid at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

メルモンテ日光霧降

メルモンテ日光霧降
 http://www.mielparque.or.jp/nkk/nkk01.php
 A新聞緑のbe3月12日の
「奇想遺産」に
“「びっくり箱」ジョークで味付け”
というタイトルで「ビレッジストリート」というガラスのアトリウムが紹介されていた。
 何でもロバート・ベンチューリとデニス・スコット・ブラウン夫妻という著名な設計家によるものらしい。
 ポップに描かれた電信柱や花が並んでいて見出しの如くびっくり箱のような感じがする。これは面白い、と思って公式サイトを見てみると、この施設はあまり目立って紹介されていなかった。
 
 郵便貯金総合保養施設のようで、一見したところ、自然豊かでいい所だとは思うが、これといって特色がありそうでもない。しかしこの記事で紹介されたビレッジストリートは面白そうだ。
 
(ちょっとこのブログ、あまり手を加える余裕はありませんが、決して放置しているわけではありません。いずれ整備して記事を充実させていきます。)
続きを読む
posted by SF Kid at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 非日常的空間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする